So-net無料ブログ作成

川島なお美 末期の今井雅之さんと酷似か?

激やせの川島なお美さんが先日、突如記者会見に出席してお茶の間もネット上も騒然となりました。

ネット上では、さらに、末期の大腸がんにもかかわらず記者会見を開いた今井雅之さんとの共通点を指摘する声も上がっています。

また、川島なお美さんの記者会見の翌日、どこかのテレビ局が入院療養中の川島なお美さんを訪ね、遺言についてインタビューしちゃった件もありました。

遺言インタビューにはさすがの川島なお美さんも呆れてしまい、苦言を呈していたんですよねぇ

確かにそれはかなり失礼だし、いくら芸能人だからといってもやり過ぎではないかと思うわけですが・・・・

肝心の末期の今井雅之さんと川島なお美さんとの共通点についてですが、二人ともがんの手術が遅れてしまったという点が似ています。

今井雅之さんは、お腹の調子が悪く通院していたのですが、「腸の風邪(ウイルス性胃腸炎)」という誤診をされていたそうです。

あまりに症状が続くので別の医者に診てもらったところ、末期の大腸がんだということで今井雅之さんは余命3日の宣告を受けてしまったのです。

一方、川島なお美さんはというと今井雅之さんのように末期という宣告は受けていないようですが、肝内胆管癌の手術を受けるかどうかで半年近く悩んでいた時期がありました。

これは誤診というわけではないのですが、手術をする時期が結果的に遅れてしまったという点では今井雅之さんのケースに似ていなくもないんです。

あとは、やはりともに激やせでテレビの前に登場した点は、酷似していると言わざるを得ませんよね。



スポンサードリンク


闘病中の健康とは程遠い状況にもかかわらず記者会見を開くというのは、生きることへの強い意思の表れともとれますが、それほどまでの病状が悪いというのもまた事実でしょうね。

セカンドオピニオンと健康診断の活用で癌と闘おう



今井雅之さんのケースでは、最初に通院していた病院での誤診がなければ末期になる前に何らかの対処ができたと思われます。

また、誤診は誤診で止むを得ない面もひょっとしたらあるかもしれませんが、早めに別の病院にかかるなどしてセカンドオピニオンを求めていれば別の展開があったかもしれませんよね。

いつも健康だった人ほど、病院との上手なつきあい方に慣れていないという問題点が浮かび上がってきます。



スポンサードリンク


常に2~3つの病院を駆けずり回る必要はありませんが、いつもと違う症状が出ていて病院に行っても改善しない場合にはセカンドオピニオンを聞くために別の病院を受信したほうが良いでしょう。

やっぱり早期発見が何よりも大事です



僕のようなサラリーマンを含め、会社に務めている人ならばだいたい年に1回の健康診断は受けていると思います。

会社からの健康診断受診義務のない主婦や、自営で仕事をされている方も、やはり年に1回くらいは健康診断を受けておくと良いと思います。

僕の同僚にも、健康診断で癌を早期発見することができたおかげで、即刻手術をして事なきを得た方が3名いらっしゃいます。

健康診断を定期的に受けていれば、その健康診断の病院と自分のかかりつけ医とで、2つの医療機関と自然な形でお付き合いすることができます。

セカンドオピニオンが日本で普及しないのは、

セカンドオピニオンを取るのはお世話になっているかかりつけ医に失礼

というような遠慮があるからでしょうが、健康診断を受けることでそのような遠慮や気兼ねが関係なくなります。

今井雅之さんも、発見時が末期ではなく初期だったら、あんなに若くして亡くなることもなかったはずですから、教訓にして彼の分まで長生きしましょうね。

関連記事
川島なお美 激やせ背中の画像にアゼン・・末期癌としたら余命は?

川島なお美さんの癌の原因はやっぱりワインなのか?

つんく 咽頭がんが悪化し声帯切除!声を失う懸命の治療も末期との噂も・・・




スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。