So-net無料ブログ作成

相場師朗さんのショットガン投資法の評判は?詐欺なのか?

相場師朗さんのショットガン投資法集中セミナーの案内が最近なぜか届くようになりました。相場師朗さんのショットガン投資法の評判はどうなのか、ちょっと気になってチェックしてみました。


相場師朗ショットガン投資法の評判は?



相場師朗さんがBNF氏のトレード手法を徹底的に研究して、パクって(苦笑)作り上げて投資手法がショットガン投資法だとのこと。

短期売買に特化したトレード手法で、資金効率がとてもいいのがショットガン投資法の大きなメリットです。

また、毎日チャートをチェックすることで、投資対象の銘柄を複数抽出することができるということなので、毎日チャートを見ていてトレードチャンスを逃したくないトレーダーにはピッタリの投資手法だといえます。

ショットガン投資法とうねり取りはどう違う?



相場師朗さんといえば、ラジオNIKKEIの株塾で人気急上昇中の株式投資の先生です。最近では、「株は技術だ!」という著書も出されているなど、評判の高い先生で活躍が目立っています。

相場師朗さんの専売特許といえば、「うねり取り」なのですが、ショットガン投資法はうねり取りとは根本的に異なる手法のようですね。

うねり取りは、好きな銘柄(大型株)を1~3銘柄くらい選んで、それだけに集中してトレードするトレード手法。3ヶ月程度の大きなチャートのうねりを売りと買いを繰り返しながら利益に変える手法です。

取引する銘柄数は少ないので、それぞれの銘柄について深く知るために10年前からのチャートを研究して、じっくりどっしり構えて、数ヶ月のスパンでドーンと大きな利益を狙う究極の投資手法といえます。


対して、ショットガン投資法は、対象銘柄数をJPX400に採用されているような流動性の高い400銘柄を対象とします。数日のスパンで売買を繰り返す短期トレードで、毎日400銘柄のチャートをチェックすることで売買チャンスが訪れた銘柄を探しだし、短期売買を繰り返す手法です。

頻繁にトレードすることが可能なショットガン投資法は、株好きには評価が高いですし、複利効果を活用すれば1年で資産を10倍以上にすることも夢ではない、うねり取りに負けない魅力的なトレード手法なのです。

ショットガン投資法の弱点?



続きはこちらで紹介しています

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。