So-net無料ブログ作成

トランプノミクスで日銀イールドカーブコントロールに暗雲

トランプ次期大統領の政策への期待から、ドル高が進んでいます。

そうなると円安が進んでしまうことになりますので、今後の日本の長期金利に対しても上昇圧力がかかってくる可能性が高まっています。

そうなると、困ってしまうのは、黒田日銀総裁ですよね。

先般の日銀の金融政策決定会合において、イールドカーブコントロールという奇策を打ち出して、長期金利をコントロールすることを約束したばかり。

そもそも、長期金利はコントロール出来ないというのが経済学理論なのですが、それを知りつつも無視した形での金融政策を明言してしまっているのです。


トランプ氏は、イエレンFRB議場を別の人に交代させることも検討していると言われています。本当に、どうなるのか、何が起こるのか、不透明な状況です。


急激な円安が「悪い円安」に進むと、一気に制御不能なインフレに成る可能性もありますので、今後のイールドカーブコントロールの行方には、十分注意を払っていきたいと思います。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。