So-net無料ブログ作成
検索選択

第68回諏訪湖祭湖上花火大会の観覧ガイド、持ち物、注意点ほか

GUM08_PH04008.jpg


諏訪湖の湖上祭は年に一度、毎年8月15日だけ、諏訪湖が鬼のように栄える大イベントです。

PM7:00~スタート。雨天決行です。普段はのんびりした空気の流れる湖畔沿いですが、この日は都内の満員電車並みです。


諏訪湖湖上祭は関東圏では1・2を争うほど迫力のある花火です。

目で耳で体で体感できるのがとても魅力的な花火大会です。何よりも迫力があるのが音です。

花火の音を擬音化すると一般的にはヒュ~ドンッだと思いますが、諏訪湖湖上祭はヒュ~~~ズドンッ!っと体の芯が震えるほどの振動を体験できます。

これは諏訪湖が盆地である為に音が反響し、より増大した振動を体験することが出来ます。

小さい子供の中には音が大きすぎて開始と同時に怖くて泣き出す子がいるほどです。

連発の打上げ時には会話がしにくいほどの破裂音になります。お勧めの観覧ポイントはやはり地響きを体感できる湖畔沿い。但し都内の通勤ラッシュ並の人通りが出来ます。

小さい子供がいるとかなり大変。迷子もしばしば。。無料観覧エリアで最もよいスペースを確保するには3時には現着しましょう。

湖畔のホテルからの観覧は◯ン万円!?




上諏訪温泉は、旅館、ホテルも多い場所になりますので、ホテルから花火を見ることも出来ます。

だいたいのホテルが諏訪湖に面しているので、大迫力で見ることができます。

宿泊者限定で屋上を解放している宿もありますのでのんびり観覧することができます。

各ホテルが桟敷席を用意していることもありますので、それを予約するのも1つの手です。

だいたいお弁当付きで20,000円と少し高めです。

ただ、迫力は、本当にすごいです。本当に真上にあがる感じで見ることが出来ますし、音の臨場感がすごいです。音の振動がすごく伝わってきます。

自分もいろいろな花火大会を見ましたが、ここまで、大きな花火大会で、近くから見れ、音の迫力の大きい花火大会は初めてです。




スポンサードリンク


のんびりホテルや旅館の窓から眺めるリッチな方法も可能ですが、1年先は確実に埋まっています。

通は花火が終わった帰りに来年の予約をして帰ると聞いたことがあります。

ただ、値段は、桟敷席で見るよりかなりあがります。だいたい通常の5倍以上になると思います。

ホテルによって違うと思いますが、自分の知っているところで、一番安くて100,000円くらいからになります。

なので、お金に余裕があってホテルから優雅に花火を見たい方にはおすすめです


諏訪湖花火大会へのアクセスは電車がおすすめ



便利なアクセス方法はやはり電車です。

車ですと3時頃には周辺の駐車場が埋まりだします。諏訪湖の周り、特に上諏訪温泉周辺は、交通規制がかかってしますので、車での移動は、本当に大変になります。

又、道が少ないのもあり、毎年大渋滞になります。

帰りに関しては、諏訪エリアを抜けるのに、数時間かかることがあり、だいたい、午後9時頃に終わるんですが、渋滞を抜けるのに夜中の12時を過ぎてしまうこともよくあります。

そのため、もし車で来られる際は、上諏訪まで車で来るのではなく、一駅手前(茅野、下諏訪)で車を停めて、上諏訪までは電車でくるのがお勧めです。




スポンサードリンク



諏訪湖花火大会に必須の持ち物といえば、、、



諏訪湖花火大会の「お決まり」を紹介します。

諏訪湖の花火大会と言えば、雨が降る。のが毎年のお決まりです。雨が降らない可能性の方が低いです。

これは周囲を山に囲まれている狭い盆地の為、天気が変わりやすいことが影響しているかもしれません。

通常の雨でしたらいい方です。時には台風のような豪雨や雷なども経験したことがあります。

花火の打ち上げ時には小雨になることが多いのですが、場所取り後の待ち時間に豪雨になると悲惨です。帰りたくなります。しかしそこをこらえてずぶ濡れになりながら待つので、さらに綺麗な花火を体験することができます。

行かれる方は防寒具の準備を怠らないようにして出発してください。気温も下がるので可能であればホッカイロ等も常備しておくとなお良いです。


諏訪湖花火大会の近郊の観光スポット




周辺の名称も紹介します。普段の諏訪湖であれば諏訪湖畔沿いにある「間欠泉」です。

花火の日は入れないかもしれませんが、翌日等に行ってみると、迫力のある間欠泉が見れると思います。

あまり近づくと濡れます。風向きにも注意してください。

2016年は、7年に1度の御柱がありましたので、そのなごりも見ることができますので、そんな部分でも楽しむことが出来ます。


車で移動が可能でしたら少し山梨方面に中央線沿いを下ると、「なとりさんちのたまごや工房」があります。

親子丼やシュークルームなど美味しい卵料理が豊富にあります。是非お勧めです。


関連記事
長野県の花火大会2016の観覧ガイド





スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。